※日記等

33歳男。中国嫁あり。バイトかけもち

労災怖い

こないだケガした人が復帰した。夜バイトの方は夜勤帯だけでも半年に1人は労災認定のケガをしている。大抵はその作業者の不注意に因る。機械の扱いを全くわからない、って入ったばかりの人がケガするのでなく、パート歴十数年のベテランさんが自己流で作業し、油断して機械に手などを巻き込まれるのだ。

僕も危うく…という場面は何回かあった。工場が指導してる方法では作業効率が悪くなるので大概はベテランさん達のやり方で作業するようになる。おばさん達に歯向かおうものなら経緯はどうであれ、「この人使えない」と製造ラインのおばさん達に思われ、社員に告げ口をされ、最終的にどこにも居場所がなくなってしまうのだ。

だからと言ってケガして労災だ、治るまでバイト出来ない、というのは悲し過ぎる。バイト先から幾ばくかの給料は頂けるだろうが社会保険や年金の支払いを天引きされれば10万を下回ってしまうだろう。暮らしていけないわけではないが少ない貯金に手を出さざる負えない状況も考えられる。かけもちしてる昼バイトの方も休まなくてはならないだろう。ケガの具合が悪くて全治1カ月とかならクビを切られてしまうかもしれない。

だからほどほどにイエスマンで大きなケガだけはしないように暮らしていきたいのです。

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by C_ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。