※日記等

33歳男。中国嫁あり。バイトかけもち

友達0人間

腹が減りすぎて眠れません…ということもなく3時間は熟睡しとりました。

明日というか午後に珍しく他人と食事する機会があるんです。全く会ったこともないわけじゃないけど、まぁ不安と期待が入り交じったようなそんな状態なんでしょうな。あと腹が減った。


俺は妻帯者であるものの本当に友達0の云わば準ぼっちである。メール・電話は私用だと親と親類、妻から、のみだ。

「結婚したなら良いよ」みたいに言われることもあるが、妻から離婚を突き付けられたなら俺は純粋にぼっちになってしまうんだよ??

孤独は嫌だ。毎日じゃなくても、「今日はこんなことがあったんだ~」を言いたいんだ。別にふーん、で済まされても良いからさ。


じゃないと寂し過ぎるよ。俺は何のために30歳にもなって定職にもつかず、生きてるんだよ?ってね。

1人で強く生きられる人なんてほんの僅かだよ。自分以外の誰かに存在を認めて欲しいんだ。

俺は妻に捨てられないようにしなければならないんだ。離婚なんてされたら俺は死んでしまう。妻はそうでもないが、俺は妻に依存している。

考えろ、俺。見捨てられないように。見限られないように。

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by C_ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rokudome.blog.fc2.com/tb.php/24-cf49f721
該当の記事は見つかりませんでした。