※日記等

33歳男。中国嫁あり。バイトかけもち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by C_ on  | 

自殺するのはもったいない

鎌倉市図書館のツイートが話題になっているようだ。
「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。」

素晴らしい。僕も小中学生の頃、この言葉を聞いていたなら・・・とあの頃に思いを馳せたが、僕の学生時代に新学期が憂鬱すぎて死にたい、という時は無かった。9月1日に自殺する学生と言うのは新学期になったら、何か嫌なことがあるのだろうか??いじめられっこならわかる。普通に部活やって友達いる子が死にたい、とか思うのは何故だろう。長期休み中がよほど充実していたのかな?

僕が学生のころは。中学生から大学生まで大して学生生活に期待してなかった記憶がある。今と同じ生活。なんとなく朝が来てなんとなく学校に行って。ぼーっと授業を受け、ほどほどに部活をやり、家に帰りゲームやってテレビ観て寝る。友達も学校で会って適当に授業だるいなとか昨日観たテレビの内容を話すだけの仲だった。友達の家に遊びに行ったことなんて本当に両手で足りる数しか行ってない。新学期はただ早起きして電車乗ってバス乗ってだるいなぁ、とそれだけだった。成績は下の下。やる気がなかった。今と同じく。高校時代はとにかく深夜まで起きてネットして、次の日の授業はずっと寝る、だけの生活だった。テストが当然ボロクソになっても「まぁ当然か」と妙に納得しただけだった。テストの答案を母親に発見され叱られるのは嫌だったが。

今の生活が人に誇れるものか?と聞かれると、とても胸を張ってYESと言える生活じゃないけど、まぁほどほどに良いんじゃないかって思うんだ。とりあえず適当に生きてれば、まぁ適当に生きてた成果しか得られないけど、死ぬよりはマシじゃない?って思うわけで。この先、「やべぇ、詰んだwww」って思う日が来るに違いないけど、それでも僕は自殺はしないと思う。漫画読んで菓子食ってテレビ観てゲラゲラ笑って。同世代の成功者たちから見たらあまりにも矮小な幸せだけど、それで十分だよ。死期が来たら自然に死ぬから良いんだよ。その時が来るまではなんとなく生きてれば良いんだ。

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by C_ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。