※日記等

33歳男。中国嫁あり。バイトかけもち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by C_ on  | 

朝ごはんは枝豆です

朝ごはん、もといずっとつまんでいるのは枝豆です。冷凍枝豆をレジ袋に放り込み、塩をばさっと入れて解凍してたものです。今年はドンキの安売り枝豆がないので1回当たり500円はするのです。これならもっと良いもん食えたんじゃないだろうか、と思ってしまうのはいつものこと。んで、昨晩録画した番組を消化中。

「タモリ倶楽部」はやっぱり面白い。鉄道関係だとか工具がどうとか、って回はスルーして録画してても見ずに消すけど今回の古き良き文房具、ってのは良かった。何十年も前の鉛筆削ったり墨汁の粉溶いだり、とかすごい勿体無いなぁと思ってたんだけど、コレクターさんのだぶってるやつなんだろうね、きっと。空耳アワー、僕も良く分からん言語の音楽聴いて、いつか投稿してみたい。アナ雪空耳の「えり子~、左行こう!」は素晴らしすぎるので動画を定期的に観てますよ。

「不便な便利屋」は豪華なキャストの割りに視聴率悪くて・・も遂に最終回でしたね。バスに乗り込んだ後の最後のシーン、説明が欲しいところですが、ネタバレ、でぐぐっても出てこないですなぁ。単純に観てる人が多くないんでしょうか?2ちゃんでは「メタなオチ」だとか「今までのは全部作り話」という感想が主流のようですが、さすがに鈴井さんはそんな脚本書かないと僕は思います。要は「夢オチ」なわけじゃないですか?それだと。それまでの物語がいくら素晴らしかったとしても、最後に「今までのは全部妄想でしたーwww」だったら誰がどう見ても失敗しただろう、と思うだろうって。

まぁ、なんで。数年後、純君が成功して戻ってきてお世話になったこの地を訪れ、この地を舞台にした映画を撮り終えたシーンだったんじゃないかなと僕は思いますよ。便利屋の日当500円玉をじゃらじゃらさせるくらいに成功して金もある。でもその前の場面ではクランクアップした時に出演者やスタッフさんたちに感謝の気持ちをはっきり伝えられるくらいに成長している。それは以前、自分の作品を蔑ろにされて自分探しに富良野へ行こうとして行けなくて、たまたま辿りついたこの地での経験があったから。で、最後の場面でチケットを無くしてしまい、またあの地へ行こうか・・・と思っての「to be continued..?」だったんじゃないかなぁと。

ま。僕個人の感想ですけどね。このドラマはギネス挑戦をドラマの中でやった!、というのは斬新でしたねぇ。でもやっぱり鈴井さんには水曜どうでしょうみたいな番組をずっと作っていって欲しいと願うばかりです。

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by C_ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。